公民館まつりと多肉植物の寄植え

地元の公民館まつり、毎年寒いんですよね‥今年も25日(日)雪が降りそうな天気の日でした。

 

わたしたちも地域の役をして、公民館を借りてるので、写真を貼って活動を紹介しました。また、保健婦さんがいらして、血管年齢を測定したりしました。

 

悪天候で来場者も少なかったですが、一つ一つ、イベントが終わるとホッとします。  そうはいっても、この役は任期が2年なので、あと1年続きます😰

 



f:id:fuyu_ka:20240226231632j:image

 

これは、前の週の日曜日に参加した

多肉植物の寄植えです。昨年作ったのが増えてしまい、その相談も兼ねて参加したのですが、今年も素敵な鉢を用意してくれていました。

 

まだ、土にさしてあるだけなので、ひっくり返すとバラバラになってしまいます。

 

いろんな種類があって、選びながら

寄植えできる体験はとても楽しかったです。この日はまだ暖かくて、温室の中で栽培されている多肉植物のところまで行って、各自好きなものを切って、植えてきました。

 


f:id:fuyu_ka:20240226231459j:image

これは昨年のもの。とっても大きくなりましたね。相談したところ、春になったら大きいものは株分けしてもいいかも、と言われました。私にできるだろうか?

寒いですね❄

昨日から時々みぞれや雪が降っています。地面が濡れているので積もりませんが寒いですね。

 

先週との気温差にやられちゃいますね。

 

先週末は、友人とランチに行きました。

昨年暮れに、実父を突然亡くして

落ち込んでいたので、しばらく連絡しなかったのですが、彼女からお誘いがあったのででかけました。

お母さんは早くに亡くなっていて、兄弟姉妹もなくて、旦那さんとお子さんとお嫁さんだけの家族ですが、お子さんたちは離れて住んでおり、旦那さんも事情があり、別宅があるので、実際はお父さんとふたり暮らしでした。

 

90歳になるお父さんはお元気で、夏には家族5人で旅行にもでかけていたので、本当に突然死だったようです。

そのあたりの話はまだ聞けないので、当たり障りのない会話をして、ランチをいだいてきました。

 


f:id:fuyu_ka:20240223180803j:image

 

顔を見れて安心しました。

介護のことも、これから調べなきゃと思っていた矢先に亡くなってしまったと話していました。

 

大きな家なので、一人では寂しいだろうなぁと思います。

 

還暦すぎると、友人にあっても

親や子どもたちの話になりますね。

 

お陰様で、父のコロナも完治しました。

まだリハビリ施設にいますが、暖かくなったら家に帰れるように

家の掃除やリフォームを手伝わないとなりませんね。

決勝戦

ソーイング・ビー6 🈡(20)「決勝戦!ジャンプスーツ対決」 https://plus.nhk.jp/watch/st/e1_2024021512771

 

ソーイング・ビーがとうとう決勝!

 

今回は初めて参加者が4人残りました。

 

先週は型紙の対決と、リメイク。

 

型紙はアモルファスドレスという、審査員のエズメが昔、デザインしたものだそうです。

 

そして、リメイクは

今までに使った生地の残りでパーティー用のドレスを作成。

 

今週の放送は、リメイクの順位からでした。

 

残りの生地でドレスを縫えるなんて、どの人もすごい🎉

 

そして、モデルに合わせた洋服を縫う回では、ジャンプスーツ対決。

 

最終回のモデルは、いつも参加者の知り合いが登場します。

 

ジャンプスーツって、上身頃と、下身頃が繋がってるから、またぐりのあたりの採寸が難しそう😰

 

それに、レッドカーペット用のドレスなんて、ほんとにハードルが高い!

 

もうご覧になった皆さんは、どの方のドレスが良かったかな?

 

私もアニーの大きなリボンを見た時点で、あ〜これはアニーの優勝かな?

と思いました。

 

もちろん、他の参加者のドレスも

モデルにピッタリでしたね。

 

マンイーのブルーのドレスも良かったわ。

胸元が大きく開いていたけど、ゆるい感じには見えないし、他の人は肩までないドレスだったけど、マンイーのは肩もあるから、ほんとにサイズピッタリじゃないと、お尻がキツイとかなるもの。

 

スパンコールの生地と薄い生地の組み合わせで、縫うのも大変だったはず。

 

それでもやはり優勝は、アニーでしたね。

 

NHKプラスで来週水曜までかな?見られますよ!いままでの参加者もきていたので、みんなの顔が見られてよかった!

 

そして、最後には参加者のその後を写真で紹介。

みなさん、それぞれに参加したことで、ソーイング熱が高まってました。

ジルは、髪型をショートにしたみたい!

とっても素敵です✨

 

そして、なんとブローガンはお腹に赤ちゃん😳そしてそして、アニーはもう産まれてた🌟

 

え!ビックリなんですけど。

優勝のあたりは、すでに何ヶ月かだったのかな?

 

それなら、司会のサラの今後もみたかったわ。

妊婦さんだったのだから😁

 

あー、楽しみがなくなっちゃったわ😭

 

還暦まで生きるとは、自分でも驚いています。

私が中学生の頃は、ノストラダムスの予言で、21世紀は来ないと思っていたので、自分の人生設計も40まででした。

 

仲良くなる人は、理由があって離れていく運命のようで、いつも悲しい別れが多かったので、いつしか、自分から、

人と繋がらないように生きてきました。

 

会社をやめたら、アドレス変えるとか、なるべくつながる人は少なくしてきたので、この年になって、反省することしきりです。

老いを感じると、色んな人に会いたくなりますが、まず連絡が取れない。

どうしてるかな?と思うだけになってしまいます。

 

それでも、気の合う人とは、折を見て連絡を取り、ほそぼそとつながることにしています。

 

このブログの前は、アメーバブログを書いていました。その時に、飼い犬のことで仲良くなった方がいて、親切に手作りの品をいくつも贈っていただきました。

その方が縫ってくれたひざ掛けは、愛ちゃんのお気に入りになっています。

 

今は、私もこちらのブログだけになりましたので、なかなか連絡も取れず近況もわからず心配なことがあり、思い切ってお手紙を書いてみました。すると、返信をいただくことができて、少し安心しました。

高齢になってくると親はもっと高齢になりますから、色々悩みも出てきて、

先ざきが心配なご様子に、共感しました。

 

うちも、父がコロナに感染したあと、施設から治ったと連絡がなくて、窓口の妹も息子たちの受験で連絡が取れず、いったいどうしているのだろうと、心配しております。

 

最近は私はボランティアやサークルや地域の役で忙しいのですが、そこで出会った人とは、自分から縁を切らないようにしていこうと思っています。

 

財産がなくても友だちや知り合いが多いと、老後も幸せに過ごせそうな気がしています。

 

こちらのブログでお付き合いいだいている方とも、仲良くお付き合い出来たらいいなぁと思っています。

 

皆様、よろしくおねがいします☆

 

判明!柴犬は14.6歳、「犬種別の平均寿命」一覧 イギリスの研究でわかった長生きする犬種 | The New York Times | 東洋経済オンライン


判明!柴犬は14.6歳、「犬種別の平均寿命」一覧 イギリスの研究でわかった長生きする犬種 | The New York Times | 東洋経済オンライン

 

いろんな犬種の平均寿命が、まとめてあります。

意外なのは雑種の寿命は短かった😨

 

うちも、15歳7ヶ月まで生きたけど、

最後の1年くらいは、薬で生きながらえてた。ご飯食べなくなった時点で、病院へ行かなければ、15歳までは生きてなかった。

 

人と違って、気持ちがわからないから飼い主の考えで治療しちゃうけど、犬にとって良いことなのか?というのは、悩むところです。

 

だから生き物は飼いたくないのです。犬は子どもたちが飼い始めて、面倒見なくなって仕方なく私が2匹看取りました。

 

愛ちゃんは、外にでちゃうから、先が読めません。いつまで、一緒に暮らせるかしら。

公民館まつりの展示とワニ


f:id:fuyu_ka:20240211174340j:image  


f:id:fuyu_ka:20240211174423j:image 

 


f:id:fuyu_ka:20240211174450j:image 

 

皆さんの作品の一部と、私の作品です。


f:id:fuyu_ka:20240211174525j:image

 

来年も展示できるようにがんばります。

楽しいキルトの本を娘におねだりして、買ってもらいました。

 

 

 

 

アップリケ苦手なので、練習したいと思います。

 

あの表紙を見て、すぐにこのシリーズが思い浮かびました。翻訳モノですがものすごく面白いですよ。もう何巻まででたかな?途中挫折してるので、それを読みながらワニ作ってみようかな?(笑)

小学校での読み聞かせボランティア&パッチワークサークルの作品展示

タイトルが長くなりました😥

 

先日小学校で、ボランティアさん感謝の集いがありました。

全校生徒から、お礼を言われて、

花束と感謝状的なものを

頂いてきました。


f:id:fuyu_ka:20240210151036j:image

春ですね。

その翌日は、4年生に、読み聞かせ。

今回はいつも通り悩みました。

選書が難しいんですよね。

悩みに悩んで、

 

こちらをまず、読みました。

 

神様からお招きを受けたのに

その日にちをいつだか忘れた猫。

ネズミに聞きますが、ネズミは嘘を教えます。 

そんなわけで、お招きされた日に

神様のところへ行けなかった猫は干支に入れなかったというお話。

 

猫は、自分が日にちを聞き間違ったのか?ネズミがいい間違ったか?を聞きたくてネズミによっていきますが、ネズミは仕返しされると思ってピューと逃げちゃう。そうすると、猫は自分がぼぉーっとしちゃったかな?と思って顔を洗う。というおはなしです。楽しい。

 

つぎは

 

こみねゆらさんの絵が、いいです。

ちさとのお母さんはおほしさまになってしまいますが、ある日、お母さんに頼まれごとをしたふゆねこが、ちさとの家にやってきます。

それは、あみかけの手袋を完成させてほしいということでした。

 

その後ちさとの誕生日に祖父母がやってきます。お母さんと相談して次の誕生日には猫を贈ろうと決めていたそうです。

お母さんは、白い猫を保護して、誕生日まで祖父母に預けていたのでした。

 

お母さんが亡くなってしまう、ということは悲しいことですが、絶対にないわけではありません。

亡くなった人にも心残りや、やりかけのことがあったんだなぁと、気づかせてくれる絵本です。

これ、シリーズで各季節の本があるらしいです。調べてみます。

 

 

先日雪が降ったことだし、最後はこちらを読みました。

ご夫婦で作られていた作品ですね。

もう、お二人ともお亡くなりになっていますが、絵本は手渡せば次の代に引き継がれていきます。

 

その日は、読みきかせのあと、

パッチワークサークルの作品を、公民館まつりに備えて展示に行きました。

 




f:id:fuyu_ka:20240210152606j:image



これは、私の作ったハートのマットと、スミレのバッグです。

皆さんの作品は後日、アップしますね。